中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

网走鲑鱼捕获量,今年为日本之冠

今天的话题是说一个数字即1万2187吨,这个数字是今年截止到11月底,网走捕获鲑鱼的数字;是日本各地打捞鲑鱼中唯一超过了12,000吨的数字;是再次验证了网走为“日本第一鲑鱼之乡”的数字;所以说,它应该是个可喜的数字。
据统计今年全日本鲑鱼捕获量约为12万吨左右,也就是说,日本市场流通的鲑鱼中10条里就有1条是从鄂霍次克海打捞上来的嘞。
目前已逐渐进入流冰到来的寒冷季节,海上作业将从12月25日开始结束鲑鱼打捞,等流冰来后,鄂霍次克海就像进入“冬眠”,直到来年流冰退去,才可以进行海上作业,在这期间随流冰而来的大量海底浮游生物,可以让鱼儿们尽情地“保养”,等来年开春,流冰退去,届时打捞上的鱼便是一年中之最美味的了。^^

 秋サケの主産地である北海道沿岸のサケ定置網漁は12月25日をもって全地区終了となります。11月末迄の水揚げ量で、網走(漁協単位)は12,187tと、全国唯一の1万2千トン超えの成績となり『日本一のサケの街』に返り咲きました。
 三陸など東北地方などを含めた全国のサケ水揚げ量が約11万7千トン(11月末)ですので、「全国に流通する秋サケの"10本に1本"は、網走産。」と言うことも出来ると思います。

1221