中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

请到幸福小城--网走市来

好像有首歌是这么唱的:请到天涯海角来,这里四季春常在。让我改写的话:请到天涯海角来,网走幸福处处在。
为什么呢?
因为在网走,你可以看到到处都有nipopo---一种木雕娃娃像,
从进入网走的大曲到离开网走的鳟浦都能看到,不仅如此网走市内观光景点,市街,甚至私人住宅门前都有nipopo。
nipopo的意思是木制娃娃,之所以如此受亲睐,是因为她是日本北方阿伊努民族传统的“福娃",据说阿伊努人将它携带在身以保平安和除病消灾。所以被认为是能带来幸福与安康的福娃。
也许正是得益于nipopo的守护,网走很少受大地震、海啸等天灾的干扰。且网走物产丰富自给自足确实是个福气的地方。

語源は樺太アイヌの人たちのニィ・ポポ(小さな木の子供)から名付けられました。北方の地に暮らす人たちは木製の人形を作り、家の中に飾ったり持ち歩いて狩りでのけがや家族の病気から身を守る“お守り”として大切にしていました。

给网走把门儿的大曲桥两侧的nipopo

大曲橋の両側にあるニポポ

nipopo微笑着向你示意。
微笑みニポポ

鳟浦的nipopo是网走最大的也是离开网走的标志。
站在海边,守护网走。
網走の出口ーー鱒浦にあるニポポは網走市最大

鄂霍次克集市--集餐馆和礼品店于一体,提供网走代表性的食品及商品。
オホーツクバザールのニポポ

收容犯人的网走监狱门前的nipopo
依就笑容可掬
網走刑務所門前にあるニポポ

网走湖附近的nipopo
網走湖付近のニポポ

一般居民住宅前的nipopo
一般住宅前のニポポ

夜晚商业街的nipopo
夜の商店街のニポポ

nipopo---福娃多多,幸福多多
ニポポを持って、福に囲まれる感じ

顺便说一句,这些都是在押犯人亲手雕刻的。你也可以买一个回去,留个纪念,也能为你保平安,或是送给亲朋表心意。公路休息站的网走观光协会及礼品店都能买到。
網走市では昭和29年に網走刑務所の受刑者の中で試作、販売されました。材料は寒冷地で育つ槐(エンジュ・マメ科)で材質は硬く脂質に富んでいて、長期間保存すると表面に艶がでてきます。
受刑者は今も一日も早い出所の願いを込めて、製作を続けています

916