中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

体验流冰---网走市鄂霍次克流冰馆

网走市有3个最有代表性的博物馆,“鄂霍次克流冰馆”是其中之一,它建在网走市最高山--天都山的山顶,地理位置最高。
天都山上种有近千棵樱树,每年都会在这里举办“赏樱节"。流冰馆顶层的展望台可以瞭望到世界自然遗产--知床连山的全景,现在这个季节还能清楚地看到山峰上的积雪,积雪把山峰雕刻得很有立体感,使其焕发着英姿。
馆内展品主要围绕流冰,约有五个展室。在流冰展览室里展有今年靠岸的流冰,坚实冰冷,大小不一,室内约零下18摄氏度,若挥舞免费提供的毛巾,不一会儿毛巾就会定型。在生物展室里展有身体透明的,浮游在流冰下的裸龟贝,还有肚子鼓鼓的,用吸盘吸附在海底岩石的气球鱼等,哪个都可爱的让人怜、,顽强的让人羡。馆内的展望台餐厅,更可以从味觉到视觉来打动您。
堪称A级景点。

網走市に代表的な3つの博物館に「オホーツク流氷館」はその中のひとつです。網走市最高の山--天都山の山頂に建てられ、地理的には一番高いです。
天都山には千本近くの桜があり、毎年「天都山桜祭り」が開催されています。
博物館に併設している展望台では、遠く世界遺産--知床連山も見渡る事が出来ます。今の季節なら、まだ連山の山峰に残雪が残っているのがみえます。残雪の「手わざ」で山峰が立体感にできで、まるで彫刻されたみたいに雄姿を現します。
館内の流氷展示室には今年の流氷が展示されています。室内を零下18℃に保って、流氷の寒さと固さを体感する事ができます。また無料で提供されたタオルを振りまわすと、あっという間にかたくなります。流氷館は季節にかかわず、通年で流氷を体験することができます。そして生物には「クリオネ」と「フウセンウオ」などが展示されています。「クリオネ」は、透明な体で弱弱しいく見えますが、流氷の底に付添っていきる生物、「流氷の天使」と呼ばれています。「フウセンウオ」は風船みたいに膨らんだお腹に吸盤があって、海底の岩に付着して生きています。どちらも可愛くてたまりません、どちらも強いイメージを与えられます。
館内の展望レストランには、さらに貴方の味覚から、視覚まで感動させます。


这是我女儿在流冰馆拍下的“汽船鱼"的小宝宝,嫩嫩的小小的,可爱至极。是本流冰馆刚刚展出的,在北海道还属首次。

これは私の娘が最近流氷館で撮った「フウセンウオ」の赤ん坊ちゃんの写真です。ここで展示されるのは北海道初です。

21