中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

「SL鄂霍次克号」 「SLオホーツク号」 2011.7.3

7月2日,3日的两日「SL鄂霍次克号」将以运行。
网走SL这次运行听说已经隔了36年感到特别的吃惊,运行区间从北见站到网走站到知床斜里在从知床斜里站到网走站到北见站1日1往返,早上的十点左右和下午二点左右到达网走站
在这2天之间聚集好多铁路爱好者还有市民,有的感到很怀旧还有很多人第一次看蒸汽火车。
10点50分左右在网走站举行欢迎典礼11点08分出发到斜里。
SL鄂霍次克号,出发的时候, 冒很多的乌烟,发出响亮的鸣响汽笛声,夺人魂魄。
在网走站前召开临时铁路博物馆「铁路秘宝馆」同时也展示国营铁路时代新奇的铁路guttsu和普拉轨道等。
还有实行委员会开设的小卖部等有很多的人非常的热闹

图片2是 网走市天都山 小区















7月2日、3日的兩日[SL鄂霍次克號]將以運行
網走SL這次運行聽說已經隔了36年感到特別的吃驚,運行區間從北見站到網走站到知床斜裡
在從知床斜裡站到網走站到北見站1日1往返,早上的十點左右和下午二點左右到達網走站
在這2天之間聚集很多鐵路愛好者還有市民,有的感到很懷舊還有很多人第一次看蒸氣火車
10點50分左右在網走站舉行歡迎典禮11點08分出發到斜裡
SL 鄂霍次克號、出發的時候、冒出很多烏煙、發出響亮的鳴響汽笛聲奪人魂魄。
在網走站前召開臨時鐵路博物館[鐵路秘密館]同時也展開國營鐵路時代新奇的鐵路guttsu
和普拉軌道等
還有實行委員會開設的小賣部等有很多的人非常的熱鬧

图片4是 网走火车站















7月2日、3日の両日に「SLオホーツク号」が運行された。
網走でSLが運行されるのは36年ぶりと聞いたびっくりです。
運行区間は、北見駅~網走駅~知床斜里駅、知床斜里駅~網走駅~北見駅の1日1往復で、網走には、朝の10時頃と昼の2時頃に到着し、2日間とも鉄道ファンや市民が集まり、昔を懐かしむ人、初めて動いている蒸気機関車を見る人でいっぱいでした。
網走駅では、朝10時50分頃から歓迎セレモニーが行われ、11時08分に斜里へ向けて出発した。
SLオホーツク号は、出発時、沢山の煙を出し、大音量の汽笛を鳴らし発進し、みんなを魅了していた。
網走駅前では、臨時鉄道博物館その名も「鉄道秘宝館」が開催されており、国鉄時代の珍しい鉄道グッツやプラレールなども展示されていた。
また、実行委員会による売店なども開かれていて、沢山の人でにぎわっていた。



图片6是 原生花园

73