中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

流冰硝子馆 (流氷硝子館) 2011 .1.28

在休息站的附近有一个流冰玻璃馆
流冰玻璃馆处理的商品附有绿色环保标志的玻璃酒杯,餐具,花瓶等是本艺术家公司的产品
开发的商品都是有雪冰和鄂霍次克为主题
工作室主要使用的玻璃原料是北见市留边蕊町的野村兴产矿业、从700处的回收的废荧光灯玻璃再利用在道内是初次的玻璃工作室。人工手艺创造着再生之美,对循环型社会的新流动。驱使最新的燃烧器工作技术现在开发了「气垫车玻璃杯魔术」的品种项目侧面有孔玻璃珠、树,陶,金属,角,皮革等不同素材"协作",也推进新的产品。
有各种各样的作品,不过,那个里面有一个被称作虚幻冰的作品。虚幻冰南极和鄂霍次克海能看到,海市蜃楼的一种,被认为是流冰形状。流冰形成的虚幻冰,进入海冰溶化的春天之后。






流冰硝子館
在休息站的附近有一個流冰玻璃管
流冰玻璃管處理的商品附有祿色環保標誌的玻璃杯、餐具、花瓶等是本藝術家公司的產品
開發的商品都是有雪冰和鄂霍次克為主題
工作室主要使用的玻璃原料是北見市留邊蕊町的野村興產礦業、從700處的回收廢螢光燈玻璃再利用在道內是初次的玻璃工作室人工手藝創造再生之美、對循環型社會的新流動。驅使
最新的燃燒器工作技術現在開發了 [氣墊車玻璃杯魔術] 的品種項目側面有孔玻璃株、樹、陶、金屬、角、皮革 等不同素材“協作”也摧進新的產品。
有各種各樣的作品不過那個裡面有一個被稱作虛幻冰的作品。虛幻冰南極和鄂霍次克海能看到、海市蜃樓的一種、被認為是流冰的形狀。流冰形成的虛幻冰、進入海冰溶化的春天之後.

流氷硝子館
道の駅で近くに流氷硝子館があります
当館で取扱う商品でエコピリカマークの付いたグラス、食器、花器などは当スタジオの自社製品です。雪氷やオホーツクをテーマにさまざまな商品を開発しています。
流氷硝子館が主に使用している硝子原料は北見市留辺蘂町の野村興産イトムカ鉱業所が700ヶ所の自冶体から回収した廃蛍光灯硝子の高品位なカレットです。これを「イナムカマテリアル」と名付けています。廃蛍光灯硝子をリサイクルした道内では初めての硝子工房です。人の手で再生される美しさを提案し、循環型社会への新しい流れを創造しています。
最新のバーナーワーク技術を駆使し、今開発しているのが「ジェムグラスマジック」の
アイテム群、サイドビーズやチャーンにも木、陶、金属、角、革などの異素材と“コラボ”させ、新しい試みも進めております。
色々な作品がありますが、その中の一つに幻氷と呼ばれるものがあります。
幻氷は南極やオホーツク海で見られるものだが、蜃気楼の一種で、流氷が作るものと言われています。流氷がつくる幻氷も、海の氷が溶ける春に入ってからであります。

在流冰玻璃馆制作也可以去体验。里面还有一个在咖啡帽子岩石,喝着咖啡慢慢享受。在那里面还摆放着古装玩偶一直到5月左右为止
是一个非常漂亮的玻璃馆,来到网走的时候一定要进去看一看体验一下制作属于自己的作


在流冰玻璃館製作也可以去體驗、裡面還有一個咖啡帽子岩石、喝著咖啡慢慢享受在那裡還擺放著古裝玩偶一直到5月左右為止
是一個非常漂亮的玻璃館、來到網走的時候一定要進去看一看體驗一下製作自己的作品。


流氷硝子館には制作体験も出来ます。シーニック・カフェ帽子岩では、コーヒーを飲んでゆっくりすることも出来ます。
また五月までお雛様の人形も見ることが出来ます。
とても素敵な流氷硝子館是非網走来た時に寄って見てください、それから自分の作品も作ってください。

128