中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

网走市立美术馆历史(網走市立美術館の歴史)

网走市立美术馆历史(網走市立美術館の歴史)

1972年,网走市立美术馆借(市内)美术收藏家宫川辰雄(将出生网走的画家)居串佳一的38件油画遗作捐赠之机成立

網走市立美術館は、昭和47年(1972年)、市内の美術収集家・宮川辰雄氏より、郷土網走出身の画家・居串佳一の油絵遺作38点の寄贈を受けたことを契機に誕生しました。

网走市立美术馆历史(網走市立美術館の歴史)2

这是北海道内的第二家美术馆,就市町村立的美术馆来说,尚属首开历史记录。现在,该美术馆以居串佳一的作品为中心进行展示,同时也展示那些与网走有缘分的画家作品。收藏以鄂霍次克海为主题的画作、发挥鄂霍次克海的地域风土特色

北海道内では2番目、市町村立では道内初めてという歴史を持ちます。現在は居串佳一の作品を中心に、網走ゆかりの作家、オホーツクに主題を求めた作家の作品を収蔵し、地域風土に根ざしたオホーツクの美術館としての特色を発揮しています。

网走市立美术馆历史(網走市立美術館の歴史)3

还有,介绍现代画家作品、随时开展丰富多彩的画展,提供接触优秀作品的机会。

また、現代の作家を紹介する多彩な企画展も随時開催し、すぐれた作品に触れる機会も提供しています。

现本馆外墙壁设置电影屏幕、利用投影机放映石桥莱依的动画作品。
夜晚,从馆外也能看到大厅中、灯光映照下如梦如幻的半谷学的作品“不可思议的森林”。而这些作品所用材料更不可思议,都是用再生海藻、麻绳、树枝等制作而成。
网走市立美术馆:邮编093-0016 北海道网走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045 
FAX:0152-44-5062

当館外壁面にスクリーンを設置し、プロジェクターで映像作品を映写します。
石橋茉依(いしばし・まい)さん(北海道教育大岩見沢校4年・網走南ヶ丘高卒)によるアニメーション作品です。
館ロビー内に立体作品を展示し、ライトアップします。光の中に幻想的に揺れる作品群を窓越しに館外からご覧いただきます。
テキスタイル作家・半谷 学(はんがい・まなぶ)氏(帯広市出身)による作品です。 『The Wonder Forest・不思議の森』。
再生海藻・麻ロープ廃材・枝
網走市立美術館  〒093-0016 北海道網走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045 FAX:0152-44-5062