中国人所写的网走博客(在網走中国人によ­る網走ブ­ログ)

日本交通规则(日本の交通ルール)

日本交通规则(日本の交通ルール)

日本交通规则

日本的交通规则和中国的不一样:车辆必须靠左侧行驶,行人在没有人行道的道路上行走时,则要靠路右侧通行。为了大家安全、安心、充分享受旅游的乐趣,我将日本交通规则翻译成汉语供大家参考。

(一)步行时应遵守的交通规则
1,在有人行道的道路上行走时,必须走人行道;
2,在没有人行道的道路上行走时,要靠路右侧通行;
3,过十字路口时,一定要等信号灯变成绿灯后通行、绿灯一亮一灭时请别通行。

(二)骑自行车应遵守的交通规则
1,在有车道的道路上骑自行车时,一定要靠路左侧行驶;
2.通行车辆密集时,一定要注意减速,建议下车推行,以免和车辆、行人发生碰撞;
3.尽管自行车非常方便,但因其没有稳定性和安全保护装置,一旦和汽车发生碰撞,必将使骑车者遭到伤害,因此骑行时,一定要注意过往车辆;
4.因为骑自行车过路口、横穿马路时不遵守停车观望规则、已经导致多起交通事故。因此,过交叉路口、横穿马路时,一定要停车观望、确保安全后通行。尽量选择有信号灯的路口穿过马路;
5,不要骑自行车抢行、载人、并排行驶,因为这些情况已经导致多起交通事故!
6,向右拐时,要打右拐手势、确保安全后、靠路右侧拐大弯慢行;
7,向左拐时,要打左拐手势、确保安全后、靠路左侧拐小弯慢行;
8,不论在何处骑行,都必须遵守行人优先原则;
9,因为卡车等大型车高速行进时容易拉起卷风,和其形成并行时,最好靠路边停车或到人行道上避让,尤其要注意大型车左拐,以免被卷进卡车内发生伤亡事故;
10,虽然可以在人行道上骑自行车,但一定要遵守行人优先规则,不要妨碍行人通行;
11,雨雪天路滑,尽量避免骑车出行,严禁打伞骑车;
12,夜里骑车时,要保持车身发光装置正常,车身和骑车者的衣服上要贴反射板,最好穿上易识别的光鲜衣服,这样容易被开车者识别,从而避免发生交通事故。

(三)骑摩托车 开车
1,在日本驾车前,一定要进日本驾校学习、获得驾证后驾驶;
2,无证驾驶将被处以30万日元以上罚款,情节严重者,将被判刑。

日本の交通ルール
日本の交通ルールは中国と違います、車は車道の左側を走行して、歩行者は歩道のない道路では、車道の右側を通行します。みなさんが日本で楽しく安全安心な旅行するために、私は日本の交通ルールを中国語に翻訳しました。皆がこれを参考にして欲しいです。

(一)歩行者として守るべき交通ルール
1、歩道のある道路では、歩道を通行してください。
2、歩道のない道路では、車道の右側を通行してください。
3、道路を横断する時は、必ず信号機が青に変わるのを待ってから渡ってください。青色の点滅が始った場合は横断しないでください。

(二)自転車に乗る時に守るべき交通ルール
1、車道を自転車で通行するときには、必ず左側を通行してください。
2、通行する車両が多い時には、周りに十分注意して、減速してください。場合によっては、自転車から降りて押して歩くと、自動車や歩行者との事故を未然に防げます。
3、自転車は大変便利ですが、不安定で安全性に欠けているという弱点もあります。自動車と衝突事故が発生すると、自転車に乗っていた方が怪我をすることになります。ですから、自転車に乗る時には、他の車両に十分に注意を払ってください。 
4、自転車の事故原因をみると、一時停止をしないケースが最も多いです。交差点を渡るときには、必ず自転車を停止させてください。信号がある道路では信号が緑に変わるのを待ってから、信号のない道路では、よく周りを見渡して、安全を確認してから渡ってください。
5、自転車に乗る時、他の自転車を追い越したり、二人乗りはしないでください。また、自転車数台を並進して走らせてはいけません。なぜなら、このような時に事故を引き起こすことが大変多いのです。
6、右折する時には、右折の合図をし、安全を確かめた後に、できるだけ大回りをしながら速度を落として曲がります。
7、左折の時には、左折の合図をし、安全を確かめた後に、できるだけ道路に沿って小さく曲がります。
8、自転車で通行するときには常に、歩行者優先の規則を守ってください。
9、トラックなどの大型車が高速で通過する時には風圧で転倒することもあります。大型車に並ばれた時には、歩道に上がるなどして離れてください。特に、大型車が左折する時に巻き込まれ事故が発生しやすいので、注意してください。
10、歩道の上を自転車で走ることはできますが、必ず歩行者優先のルールは守り、歩行者の通行を妨げてはいけません。
11、雨や雪が降る時は、道が大変滑ります。危険ですので、自転車に乗るのは自粛してください。また、自転車に乗る時に、傘をさしてはいけません。
12、夜間に自転車に乗る時には、自転車のライトはしっかり点けて、自転車と衣類にも反射板を貼ってください。目立ちやすい明るい色の服装を着ると、ドライバーから認識しやすく、事故の発生を防ぐことができます。

(三)バイク、自動車の運転について
1、日本ではバイク、自動車を運転する際には、必ず教習所に通い、運転免許証を取得する必要があります。
2、無免許運転した場合は30万円以上の罰金が科せられ、状況によっては懲役を科せられることもあります。

615