フラワーガーデン「はな・てんと」

アドプト・プログラム


フラワーガーデン「はな・てんと」の特徴

アドプト・プログラムとは!?


アドプト・プログラムの概要

 「アドプト・プログラム」とは、企業団体やグループなどが道路・川・公園といった公共の一定区域と「養子縁組(アドプト)」し、その区域の清掃・緑化など整備を行うというものです。
 「アドプト・プログラム」が一般的なボランティア活動と違うのは、参加団体と行政側が一定の契約を取り交わす点です。参加団体は担当区域の整備を行う代わりに、行政側は各団体の活動の支援や、地域貢献を広くアピールするためサインボードの設置などを行います。

フラワーガーデン「はな・てんと」のアドプト・プログラム

 フラワーガーデン「はな・てんと」でのアドプト・プログラムをご紹介します。
網走市では参加団体の皆さんに植えていただく花の苗と用具をご用意いたします。そして植える場所を耕し、肥料を入れます。
 そして、参加団体の皆さんは6月中旬~下旬に花の苗植えを行なっていただき、10月末までの間、適宜補植や除草の作業を概ね6~8回行い、花園の管理をしていただきます。
 網走市では花園内に各参加団体の看板を設置し、また報道機関へのPR活動を行い、フラワーガーデン「はな・てんと」と参加団体の活動の周知を行ないます。また、セーフティネットとして傷害保険に加入し、活動中の事故に対して、保険の範囲以内での保証をし、活動が円滑に行われるよう支援します。
 

「はな・てんと」の活動に参加してみませんか?!

 網走市では、新規の活動団体・グループを募集しています。

詳しくはこちらPDFファイル

参加申込書

アドプト・プログラム リンク集

  • クリーンアップ神山 (徳島県名西郡神山町のアドプト・プログラム)
  • 善通寺アダプション・プログラム (香川県善通寺市のアドプト・プログラム)