“網走”今日の一枚

“網走”今日の一枚

このサイトを運営する網走市役所観光課の職員が、旬の網走情報を写真に文章を添えてお届けします。

はな・てんとのアドプトプログラム

 フラワーガーデン「はな・てんと」が半開です。マリーゴールドがほぼ咲きそろい、あとは一部咲き始めたサルビアの満開を待つばかりとなっています。
 この「はな・てんと」は、市内の団体・企業や個人が割り当てられた区域に市が提供する花を責任を持って植え育てる「アドプトプログラム」と呼ばれるボランティアシステムで管理されています。この日は、土曜日の早朝でしたが、写真のとおりたくさんの市民により草取りや捕植等の作業が行われていました。ご苦労様です。
 先日、道路下区域の「キカラシ」の植付作業も終了しました。今年も、「はな・てんとまつり(9月19日)」の頃には、見事な花園になっていることでしょう。(2010.7.31 T2)

フロックス公園まもなくオープン

網走の新しい観光名所「あばしりフロックス公園」がまもなくオープンします!!
この公園、NPO法人願岳僥倖こぼれ幸とうい団体が呼人地区の丘陵地約10haに約15万株のフロックスを6年前から育て作り上げた公園で、この夏、ようやくオープンにこぎつけることが可能となりました。60歳を超えるメンバーが毎日丹精に草をとりフロックスを育てています。先日、看板や展望ポイントを設置し、整備がほぼ完成しました。小路にはホタテ貝を敷き詰め、フロックスの赤やピンク、紫と小路の白色がなんとも幻想的な雰囲気を醸し出しています。
プレオープンは8月8日(日)ということなので、興味のある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。網走湖が一望できる丘陵にあります。(2010.7.30 TY)

豪華客船来港

7月27日に網走港へ日本を代表する豪華客船「飛鳥Ⅱ」が来航しました。今回のクルーズは横浜港を出港して、小樽、利尻を経由して網走港へ寄航し、この後ロシアのコルサコフ、函館を経由して横浜へ帰ります。
この日は網走港で歓迎の振舞が行なわれたほか、市民を対象にした船内見学会も行なわれました。写真は客船内のプールです。
一度はこんな船に乗って旅をしてみたいものです。網走へのアクセスとして豪華客船。あなたはいかがですか?
(2010.7.28 MT)

順延になった今年の花火大会

7月24日(土)に開催される予定だったあばしりオホーツク夏まつりの花火大会ですが、天候が悪く、雲が低かったため翌日の7月25日(日)に順延となっていました。25日は天候も良く、夏の夜空に花火が大変似合っていました。花火の見物客も多かったようで、年に一度の大渋滞が道の駅周辺で起こっていました。
これからが夏本番!網走の夏はこれからが始まりです。美味しい海の幸、山の幸が8月以降から旬を迎えます。是非、この夏休みは網走へお越し下さい!!(2010.7.26 TY)

オロチョンの火祭り

オロチョンの火祭りとは、北方民族の衣装をまとった人たちが、慰霊と豊穣を祈願するため、火を熾し、炎を囲んで舞う儀式を創作したもので、網走ならではのイベントです。そもそも「オロチョン」とは、ロシア領内のツングース系民族を指す言葉だそうですが、日本においては北方民族を指す言葉として用いられた時期があり、その名残から「オロチョンの火祭り」と称され網走の夏のイベントとして定着しています。
昨日、24日より道の駅流氷街道網走において28日まで5日間開催される「夕市まつり」の初日のイベントとして、このオロチョンの火祭りが開催されました。ビールの美味しい季節です。仕事帰りに夕市まつりにお寄りください。(2010.7.25 TY)

流氷おどり

第64回あばしりオホーツク夏まつりの2日目のメインイベント「流氷おどり」が昨夜開催されました。約1,000人の市民が商店街アプト4で年に一度のこのおどりを楽しみました。この流氷おどり、毎年、市内の各団体がお揃いの浴衣や仮装などをして参加しています。私たち観光課も網走市役所として毎年参加しています。年に一度だけ踊るおどりなので、踊りを思い出すまでしばらく時間を要してしました。来年はもう少しうまく踊りたいものです。本日3日目は、アプト4にて綱引き大会、道の駅流氷街道網走では花火大会やオロチョンの火祭り、夕市まつりが開催される予定です。(2010.7.24 TY)

夏まつり開幕!

網走市民お待ちかねのあばしりオホーツク夏まつりが開幕しました。左の写真は開会式が行なわれた「納涼ビールまつり」の風景です。
毎年、網走中央商店街を舞台にして開催される「納涼ビールまつり」。「一体網走のどこからやってくるのか??」と思わせるほどの人で賑わいます。
このイベントもそうですが、網走ではビールパーティと言われる催しが色々な所で開催されます。チケット制で1,000円のチケットを購入すると3杯生ビールが飲めて、さらに豪華景品が当たる抽選会に参加できるという内容。私は網走で初めて目にしましたが、他の地域にこういったものはあるのでしょうか?(2010.7.23 MT)

網走的魅力、其三、体験型観光

普段は馬を観るばかりの私ですが、先日、馬に乗ってきました。いつか乗馬をしてみたいと思っていたのですが、網走市内には乗馬体験ができる施設もあります。
網走原生牧場観光センターで初乗馬。馬に一度も乗ったことがないので、ビクビクしながら騎乗したのですが、さすが乗馬用に調教された馬。重い私を乗せてもおとなしく歩いてくれます。
ここでは色々なコースが設定されていますが、この日は50分の森林コースに挑戦。ガイドさんに誘導されて、やぶの中や森を突き進みます。途中坂道なんかもあって、これは楽しい。乗馬ってこんなに楽しかったのですね。もっと早くやればよかったぁ。(2010.7.21 MT)

網走感動朝市オープン

 網走感動朝市が本日(7/18)から10月11日までのロングランで、網走商港漁港会場でオープンしました。
 ここでは、網走でとれた海産物や野菜の直売が行なわれているほか、とりたての魚をその場でさばいてもらい朝食として食することができるなど、観光客や市民にとって人気のスポットとして定着しています。
 この日は、関係者・来賓の挨拶やテープカットのあと、東京農大生物産業学部のよさこいチーム「農天揆」の皆様による活気あふれる踊りが披露され、約90日に及ぶイベントが開幕しました。
 「網走感動朝市のオープンが、網走の夏のイベントのはじまり」という言葉もありましたが、網走の夏もいよいよ本番!この夏、是非網走を楽しみましょう!(2010.7.18 T2)

網走湖のボート

 みなさん、このボートを知っていますか。この船は、ボート競技で使用される「エイト」という船で、東京の「早慶レガッタ」等でも使われるボート協議の花形の艇です。
 本日と明日、網走湖において第65回国民体育大会ボート競技北海道ブロック予選が行われ、写真は本日の協議終了後、網走ボート協会の企画でエイト艇による市民レガッタが行われた際の一幕です。
 網走湖畔の呼人浦キャンプ場は、もうすぐたくさんのキャンパーで賑わいますが、ボート選手の掛け声で活気に満ちた一味違った網走湖をのんびり眺めるのもいいものですよ。(2010.7.17 T2)
 

大曲湖畔園地のひまわり迷路

6月20日の今日の一枚でご紹介した大曲湖畔園地のひまわり迷路です。天都山の展望台から撮影しました。7月10日に市教育委員会社会教育課主催の「あばしり学講座」の受講生の皆さんに迷路づくりを行ってもらいました。現在、ひまわりの背丈は1m50cm程です。子どもなら迷路としては十分な高さに育っています。あと30cm~50cmほど高くなり花が咲く予定です。今年は、ロシアヒマワリという品種を蒔き、1.3haもの広大なひまわり迷路づくりに挑戦しています。また、例年より難しい迷路となっています。8月には花が咲く予定なので、是非、大曲湖畔園地に遊びに来て下さい。ちなみに、挑戦料は無料です。(2010.7.16 TY)

市民ガーデナー

この時期、市内を車で移動するといたるところで草花や花壇を見ることができます。平和地区にある田中さんの庭では、個人としては大規模な花壇とボーダーガーデンが整備されていました。あまりにもきれいなので、車を止めて田中さんに依頼し写真を撮らせてもらいました。宿根草や一年草のほかに花を咲かせる野菜など様々な植物が芸術的に配置され、美しい庭を作っています。国道238号線沿いに網走から常呂に向かい平和会館の手前の平和中央バス停が面しています。国道から眺められるので、是非、興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。(2010.7.15 TY)

おすすめスポット

皆さんは誰にも知られたくないおすすめスポットをお持ちでしょうか?私もいくつかそんな場所を持っています。
知られたくないのですが、今日はおすすめスポットを紹介します。
写真の場所。分かる方はすぐに分かると思いますが、「道の駅 流氷街道網走」のオープンテラスです。比較的空いている事が多いです。
嫌なことがあった時、独りになりたい時。なんとなくぼーっとしたい時。私はよくここでのんびりしています。
(2010.7.14 MT)

監獄でザンギ

網走の特産品オホーツクサーモン(カラフトマス)を使ったご当地グルメ「オホーツク網走ザンギ丼」を食べられるお店が新しく1店舗増えました。
新しいお店は何と博物館網走監獄
ここでは監獄食が人気でしたが、6月からザンギ丼も仲間入り。
食いしん坊の我々は早速博物館網走監獄に食べに行きました。ちょっと濃い目の甘辛ダレと温泉卵の組み合わせが良く合います。
あなたも監獄でザンゲ、いやザンギを食べてはいかがでしょうか?
網走の観光スポットと人気のご当地グルメ。このコラボレーションは見逃せません。
(2010.7.12 MT)

【R-15】  ではありません

「猫に木天蓼(またたび)」 という諺がありますが、人間様向けに『またたびキャンデイ』が発売されています。
以前、「人間がまたたびを食べても猫のように恍惚感を得ることはない」ということを実証しました。その代わり、神経痛・リウマチ・冷え性などに効果があり、漢方薬として活躍しているようです。
網走特産のまたたびを使用したこのキャンディーは一粒で二度おいしいよ!
(2010.7.6 MN)

満開のキカラシ畑

大曲湖畔園地で約9ヘクタールのキカラシ畑が満開を迎えています。5月中旬以降に蒔き付けしたキカラシは例年だと、60日程度で開花するのですが、今年は50日程度で開花をしました。6月に好天が続いたことによるものと思われます。これだけのキカラシが一斉に咲くポイントはそうそうありません。写真ファンのみなさん、是非、大曲湖畔園地のキカラシを被写体に1枚いかがでしょうか?ちなみにキカラシは緑肥用として、秋蒔き小麦が収穫された後の8月下旬以降に蒔かれる作物ですが、大曲湖畔園地では例年景観用にも兼ねて7月に見頃を迎えるよう早めに蒔いています。8月にはひまわり畑が満開を迎える予定です。是非、大曲湖畔園地にキカラシ、ヒマワリを見に来て下さい。(2010.7.4 TY)

海の上からあなたを見守っています

今日から網走のランドマークである「帽子岩」の夜間ライトアップが始まりました。緑やオレンジの光が時間ごとに点いたり消えたり織り成って、今年は去年よりも帽子岩の様々な表情が見られます。夏の夜の海上に浮かび上がるその姿はとても幻想的で、神秘的で、網走の守り神と呼ばれているのもうなずけます。ここだけの話、道の駅「流氷街道網走」が絶好のビューポイント。絶妙な角度から帽子岩を眺めることができました。写真で見てもキレイですが、やはり実物はオーラというか、迫力が違います。みなさん、網走の守り神様に今夜会いに行きませんか?
期間は7月1日から8月31日まで。点灯時間は午後7時30分から午後9時30分の間(日没の状況により午後7時~)です。(2010.7.1 P)