“網走”今日の一枚

“網走”今日の一枚

このサイトを運営する網走市役所観光課の職員が、旬の網走情報を写真に文章を添えてお届けします。

網走のご当地グルメ「あばしりおでん」

平成22年2月22日の2が続くおめでたい日に「あばしりおでん」が誕生しました。網走の新たなご当地グルメとして市民や観光客を通じて全国で広まってもらいたいものです。
このあばしりおでんには8ヶ条の基本定義があるそうで、網走特産の「長天を活用する」というポピュラー?な定義の他に、「食べる間はタネをネタに語り合う」といったユニークな定義も盛り込まれています。詳しくは「あばしりおでんの基本定義・ルール8ヶ条」をご覧下さい。このおでん、網走産のじゃがいもや長いもなどが入っていて、山わさびをつけて食べるのが面白いところです。是非一度ご賞味あれ!!(2010.2.27 TY)

おとなりのご当地グルメ紹介

最近、「イベントにかまけて更新できていないじゃないか!」という熱心な読者のお叱りを受けて、気合を入れて書いています。
隣の大空町にある道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」では、サクラ豚丼を食べることができます。見た目はこってりしているように見えますが、薬味が効いていて上品なお味です。どんどん箸がすすんであっという間に食べちゃいました。
その他にも「大空豚しゃぶ長いも丼」があり、これまた地元の食材を活かした美味しい一品です。
女満別空港をご利用の方は、ぜひとも網走-空港間にある「メルヘンの丘めまんべつ」に立ち寄ってご賞味いただきたいと思います。(2010.2.26 MN)

オオワシのフン攻撃!

昨日のTYさんに続いてオオワシを激写しました!しかも、物凄い勢いでフンをするという決定的瞬間を目の当たりにし、興奮冷め遣らぬまま書いています。
危うくかけられるのではないかというほどの飛距離に、その場にいたT2さんと私は一瞬にして童心にかえりました。
下ネタで失礼しました。。でも、こんな場面にはなかなか遭遇できないだろうなぁ。
(2010.2.24 MN)

オオワシ見れます!

この時期、網走湖周辺では天然記念物のオオワシ・オジロワシが観察できます。本日、北の新大陸発見!あったか網走会場から市内へ帰る途中の大曲の国道39号線でオオワシの悠然とした姿が確認できました。私のデジカメでは小さくしか捉えられなかったのですが・・・
ある調査によれば、網走湖畔では毎年、300羽前後のオオワシ・オジロワシが越冬しているとのことです。わかさぎの氷下漁のおこぼれを狙って、多くの猛禽類が網走湖上をこの時期、滑空しています。バードウォッチングや写真ファンのみなさん、網走湖にオオワシ・オジロワシを見に来て下さい!!(2010.2.23 TY)

雪上サッカーアイスクリーム作り体験

黒い袋を蹴る子どもと大人。果たしてこれは何なのでしょうか?
実は「北の新大陸発見!あったか網走」のプレミアムウイーク期間(2/13~19)に行われた体験事業「あばしりまるごと体験」での一コマです。
題名のとおり、サッカーをしながらアイスクリームを作っています。容器の中にアイスクリームの材料を入れて、袋の中に材料の入った容器と雪と塩を一緒に入れて、転がしたりしていると、約15分くらいでアイスクリームが完成。味はどうって?原料はこだわりの「オホーツクあばしり牛乳」、そりゃおいしい訳です。
(2010.2.22 MT)

あったか網走号

網走湖畔特設会場で好評開催中の「北の新大陸発見!あったか網走」。スノーモビル系のスピード感があるメニューが人気のほか、昨年から登場した馬ソリが今年も人気です。
その名も「あったか網走号」。かわいいポニーがのんびーりと会場内を歩きます。
あったか網走はスノーモビル系のメニューが苦手な方も大丈夫!
明日2月20日(土)は20:30頃から花火も打ちあがりますよ。ぜひ会場にいらしてください。
(2010.2.19 MT)

わかさぎ氷下曳き網漁

現在、日本で網走湖だけで行われている「わかさぎ氷下曳き網漁」。結氷した湖の下に網が入っていて、その網を引いて漁を行うという何とも珍しいもの。
この珍しい漁を北の新大陸発見!あったか網走「あばしりまるごと体験」で見学することができます。私も見学しましたが、とても面白い。
漁を見学した後は網走湖産わかさぎの揚げた天ぷらも食べることができ、さらに佃煮のお土産付き。3点セットで2,000円。某通信販売会社もビックリのお値打ち価格です。
期間は2/19まで。先日の18時までの完全予約制。ご予約は網走市観光協会まで0152-44-5849
(2010.2.17 MT)

歓迎雪だるま

網走川の河口に巨大なスベリ台付雪だるまが作製されていました。流氷砕氷船おーろら号に乗船すると必ずこのポイントを通過するため、おーろら号に乗船した観光客の皆さんを歓迎しているかのように見えます。
この雪だるま、近くの市民が作製したものだそうで、背景の帽子岩と絶妙なバランスを保っています。是非、この歓迎雪だるまをご覧におーろら号にご乗船下さい。(2010.2.4 TY)

博物館網走監獄「監獄歴史館」リニューアルオープン

 博物館網走監獄の行刑資料館が監獄歴史館としてリニューアルオープンしました。
 現在の刑務所舎房の再現や囚人体験など新たなメニューが誕生していますが、なかでも「あかい囚徒の森」体感シアターは、光と音で明治時代の囚人たちの過酷な労働がリアルに再現されており、北海道開拓の非情な歴史を伝えています。
 当時の囚人は一概に罪人だけではなく、貧しさからだまされたり思想犯で送られてきた人たちもたくさんいました。
 「北海道の開拓は、囚人たちによって行われた」という当時の看守の言葉が心に重く響く、貴重な歴史館として生まれ変わりました。(2010.2.1 T2)