活き粋き7珍

これぞオホーツク。これぞ網走の活き粋き7珍。

日本を代表する漁業基地網走。
どれも美味しいけれど、なかでもとびきり美味しい7つのおさかなたちを、
「活き粋き7珍」に選びました。

水産漁港課のページはこちら



【キンキ】

網走を代表する高級魚。
「釣きんき」は魚体を傷つけない延縄漁法で獲るため鮮度が良い。
湯で煮てソースをかけて食す「湯煮」はメディアで紹介され話題に。

漁期:4月~1月


【カラフトマス】

愛称オホーツクサーモン。
見た目にインパクトがあるので色々なあだ名が付けられている。
ご当地グルメ「オホーツク網走ザンギ丼」の主役。

漁期:7月中旬~9月上旬



【スケトウダラ】

主にすり身や珍味の加工原料として活躍。
最近では韓国などに鍋の食材として生鮮出荷される国際派。
ちなみに網走はスケトウダラを原料とした冷凍すり身の発祥の地。


【ワカサギ】

網走のワカサギは本家本元!
網走湖や濤沸湖産の卵が全国各地に移出され各地に広まった。
ワカサギ釣りは初心者でも入れ食いを体験できる。



【シラウオ】

透明で神秘的なシラウオ。
高級魚で、道内漁獲量の98%が網走湖産。
上品で淡泊なお味。



【シジミ】

とにかく粒が大きい。
知らない人はアサリと間違うくらい。
自慢ですが網走のシジミの漁獲量は日本一。

漁期:網走湖 5月~10月 藻琴湖 12月~3月



【クジラ】

今では希少価値の高いクジラ。
7珍に相応しい存在。
網走は国内に4つある捕鯨基地のひとつ。