お知らせ

 

全国大学生旅プランコンペin網走の選考結果について

7月23日に応募締切を行った「全国大学生旅プランコンペin網走」には全国から44チーム47プランの応募をいただきました。提出をいただいた企画書を審査委員会により厳正な採点審査を行い上位5チームを選出し、9月に実地調査・プレゼンテーションを行い、最優秀賞、優秀賞を決める予定です。
選出されたチームは下記のとおりです。47プラン全て力作で、いづれも網走の観光振興に役立つ内容でした。みなさんから応募のあった企画は、網走市にて今後の観光振興に活かして行きたいと考えています。応募いただいたみなさんありがとうございました。

【選考上位5チーム及びプラン名】
 チーム名  Enedoop(工学院大学)
 プラン名  レシピ・ドゥ・アバシリ コンペツアー(R.A.C.T)
 チーム名  ETH(愛媛大学)
 プラン名  小説『続・網走まで』を巡る旅 -志賀直哉の終着点-
 チーム名  アバコン(東京大学大学院)
 プラン名  あば知り☀留学旅行
 チーム名  リサエンタープライズ(北海道大学大学院)
 プラン名  北の大地で”磨く”旅inオホーツク
 チーム名  網走でほとばしり隊(首都大学東京大学院)
 プラン名  未完成ガイドブックで観光する網走    (応募順)

審査委員長講評

 今回の「全国大学生旅プランコンペin網走」には、北は北海道から南は沖縄いたるまでの数多くの大学の学生の方々から47プランの提案をいただきました。いずれも甲乙つけ難いほどに素晴らしい内容の旅プランでしたが、厳正な審査の結果、合計点数の高い上位5チームのプランを選びました。これらの5つの招待チームにつきましては、実地調査を踏まえて、最終プレゼンテーションを行ってもらい、最優秀賞と優秀賞の選考を行います。
 大学生・大学院生が若い世代の感性や知性にもとづいて、網走をはじめとする道東地域のさまざまな資源を活用して、独創的な旅プランを構想してくれていますので、それらのプランが実現化されることによって、網走や道東地域における観光のあり方に新しい光が差し込むとともに、新しい風が吹くことを期待しています。

(全国大学生旅プランコンペin網走 審査委員長 石森秀三)