網走ロケーションガイド
ロケーションデータベース網走を知る網走とクリエイターたちオンエア情報
フィルムコミッションロケエピソードロケ地を訪ねるフィルムサポーター ホーム

支援風景
網走市で行われたロケと協力支援の様子をレポート

撮影(平成13年11月5日〜19日)

■撮影安全祈願(平成13年11月5日)

安全祈願明日の撮影を前に、網走監獄内の二見湖畔神社にて安全祈願が行われました。監督、スタッフ、広報担当、プロデューサーの約50名が、撮影の無事と映画のヒットを祈願しました。

 

 


■撮影開始(平成13年11月6日〜)

崔監督この日よりついに撮影が始まりました。博物館網走監獄、網走支庁食堂、美幌河川敷、音根内小学校、丸万小学校‥二週間にわたる撮影が市内で行われました。

受刑者の入浴シーンでは散水車を用意して湯を運び、風呂場のセットを組む作業をサポート。
また看守役として観光課長が、舎房区長役で観光係長が出演することになりました。観光課長は受刑者が作る鎌倉彫の彫刻指導も行いました(彫刻指導の様子はDVD特典映像にてご覧になれます)。
15日には公開ロケーションがあり、事前に報道関係への告知を行いました。

鮭汁また、11月中旬には雪が降りはじめるこの時期、網走の屋外で過ごすのは厳しいものがあります。そこで市内の女性団体やサークルの皆さんに協力を仰ぎ、暖かい汁物を用意してスタッフを応援しました。ちなみにメニューはホッケのすり身汁、鮭汁、豚汁、カニの鉄砲汁、すり身団子汁‥と日替わり。地元ならではのあたたかいサービスです。


■撮影終了(平成13年11月19日)

網走でのロケがすべて終了し、撤収後は関係者が集まって打ち上げを行いました。

打ち上げの様子・主演の山崎努さん

鑑賞会

 

このページのトップへ
(c)2004 ABASHIRI CITY. All Rights Reserved.