網走ロケーションガイド
ロケーションデータベース網走を知る網走とクリエイターたちオンエア情報
フィルムコミッションロケエピソードロケ地を訪ねるフィルムサポーター ホーム

ロケエピソード
網走でのロケに参加協力した人々へインタビュー


File no.4 国際ソロプチミスト網走 瀧川カツ子さん ソロプチミストマーク

協力作品:映画「刑務所の中」(2002)
協力内容:鑑賞会主催(事務局長)

鑑賞会主催の経緯を教えてください

国際ソロプチミストは地域への奉仕活動として寄付やチャリティーを行っているのですが、映画の撮影がある、とわかった時点で、ぜひ鑑賞会を主催したいという申し出をしていたんです。2003年でクラブが25周年、ということもありまして、市民の方々への還元という意味合いも含めましてね。早いうちから市長や市の観光課のほうへ熱心に働きかけていました。
映画会社のほうからも、網走市民の方に協力していただいたので、感謝の意味で先行鑑賞会をしたいというお話がありましたので、両方がうまくかみ合ったということになります。
市と制作側との間で上映が正式に決まったときには、今までの活動の実績もありますし、じゃあうちへ、ということで安心しておまかせいただけたのではないでしょうか。

具体的にはどのようなことをされたのですか?

実行委員の立ち上げと労力の提供ですね。映画会社との打ち合わせ、会場セッティングと会の進行、チケットの販売も行いました。

鑑賞会は盛況だったということですが、どんな雰囲気だったのでしょうか

満員の客席そうですね、昼と夜の二回上映だったんですが、ありがたいことにどちらもほぼ満席でした。網走市長さんも網走でこんなに人が集まったのは近年ないとおっしゃってました。上映も、画面の後ろの方に地元の人が出演していたりするとわーっとなったり、笑いの起こるシーンも多かったりして、なごやかでしたね。

 

鑑賞会で印象に残ったエピソードはありますか?

監督へ花束贈呈チケットは全道から問い合わせがありまして‥網走に住んでいるお子さんがエキストラで出演なさっている、という方や、転勤したけれど以前網走にいたのでぜひ見たい、という方もいましたから。枚数は2000枚ほど用意していたんですが、間に合わないほどで。何名かの方はもうこちらで責任持って席をご用意しますからぜひおいで下さい、ということになったくらいです。
チケットのないところを、当日券でなるべくたくさんの方に見ていただけるようにしましたので、終わってからわざわざ待っていてくださった何人かの方から感謝のことばをいただきました。非常に嬉しかったですね。

今後もこういった依頼があったら協力されますか?

今回のことでソロプチミストの名前が広まり、取材も何件かありました。わたしたちの活動を知ってもらういい機会になったと思います。会の活動方向とうまくあうお話がありましたらいいですね。

【国際ソロプチミスト網走】

専門職をもつまたは管理職にある女性たちが組織し、地域社会や世界のあちこちでいろいろな形の奉仕を行う団体・国際ソロプチミストの、日本北リジョン内の一つ。
1979年3月30日に結成され、緑の基金の創設、各種チャリティー事業、環境フォーラムや国際家族年地域フォーラムの開催などを行っている。会員数35名。

 

このページのトップへ
(c)2004 ABASHIRI CITY. All Rights Reserved.