網走ロケーションガイド
ロケーションデータベース網走を知る網走とクリエイターたちオンエア情報
フィルムコミッションロケエピソードロケ地を訪ねるフィルムサポーター ホーム

ロケエピソード
網走でのロケに参加協力した人々へインタビュー


File no.3 弁天の会 代表 米沢万里子さん 弁天の会

協力作品:映画「刑務所の中」(2002)
協力内容:炊き出し

炊き出しに参加協力された経緯を教えてください

観光課のほうから、網走ロケを歓迎して炊き出しイベント*をするので、100人分の汁物を作って欲しいと依頼がありました。わたしたちはもともと商店街のお祭りから発足した会ですし、普段から町のイベントの手伝いなんかをしているものですから、こころよく引き受けました。

* ロケ期間中、「あったまってや〜」という歓迎イベントとして、網走市女性団体連絡協議会・網走消費者協会・網走中央商店街振興組合「弁天の会」・ハッピーピクルスの4団体の協力で、昼食時ロケスタッフに汁物の差し入れを行ないました)

過去にこういったロケへの参加協力の経験はありましたか?

いいえ、このときが初めてでした。これがきっかけで、この後また別のドラマのロケがあった時にお手伝いさせてもらいました。

メニューなどは各団体で決められたのですか?

そうですね、依頼された当初はメニューは決まってなかったです。「網走らしいものを作ってほしい」と力をこめて(笑)頼まれまして。網走から出たことないんでどんなものが「網走らしい」のか分からなかったですけど‥担当は三日間あったので、すりみだんご汁を二種類とアサリ汁を。ロケの食事は毎日のことですから、他の団体さんと重ならないようにというのはありましたね。アサリの時は、味噌味ばかりではつまらないだろうと、醤油味にしてみたりと色々考えました。

協力されてどうでしたか?印象に残ったことは?

やっぱりみなさんに美味しい美味しいといって食べてもらえるので楽しかったですね。ロケは寒い時期だったので、温かいものはとても喜ばれました。多めに作って残った分は、夜のロケで温めなおして食べてもらっていたみたいです。
100人分なんて作ったことなかったですから、いったいどれくらいなのかしらと事前にお椀で数えてみたりして、そういった作業もまた楽しかったです。こうして自分たちが参加協力した映画となると思い入れも違って見方も変わってきますね。
ロケや役者さんの姿を間近に見られたことは面白かったです。椎名桔平さんなんかには若い人は緊張してお椀を持っていけなかったりしたんで、代わりに持っていったりね。崔監督もとても良いかたで、一緒に写真を撮らせてもらいました。その写真が道内の上映会で展示されたパネルに飾られていたらしくて、札幌で見た娘が驚いてました。

網走でのロケについてどう思いますか?

網走っていっただけで素晴らしいロケーションがいっぱいありますよね。能取岬なんかすごいと思います。わたしも知り合いが全国にいますから、網走を使ったシーンをもっとたくさん撮ってもらって、みなさんに網走を知ってほしいですね。知名度はある町ですから、今度は風景を。視察にもぜひ来ていただきたいです。わたしたちももう炊き出しのコツはつかみましたから、喜んでお手伝いに行きますよ。

【網走中央商店街振興組合「弁天の会」】

平成7年発足。網走七福神まつりをメインに、オホーツクマーチや流氷まつり、冬のイルミネーションなどAPT4商店街や市内で行われるイベントに参加協力している。メンバーは商店街で働いている女性ばかりで、現在15名。弁天の名は七福神まつりの七福神からとったもの。

 

このページのトップへ
(c)2004 ABASHIRI CITY. All Rights Reserved.