網走ロケーションガイド
ロケーションデータベース網走を知る網走とクリエイターたちオンエア情報
フィルムコミッションロケエピソードロケ地を訪ねるフィルムサポーター ホーム

ロケエピソード
網走でのロケに参加協力した人々へインタビュー


File no.2 ウイーズ代表 栗田茂さん 栗田茂さん

協力作品:映画「刑務所の中」(2002)
協力内容:出演 (オープニングコンバットゲームシーン・ミリタリー田村役)

映画に出演されるまでの経緯を教えてください

撮影隊の依頼で、網走支庁を通じて、エキストラ20人と撮影場所を探してほしいという電話があったんです。たまたまうちの店を知っていた職員が紹介したようです。
メンバーはうちの関係者といつもゲームに参加している人たちから集めました。普段からサバイバルゲームは公募で行っていまして*、網走に専用のフィールドも持っているんです。土嚢やドラム缶があったり、やぐらが組んであったりして、行けばすぐ始められるので、当初はそこを使う予定でした。ただ監督が下見した日に雨が降って、コンディションが悪かった。そこでいい場所がある、と仲間が紹介したのが美幌の河川敷です。監督が見て、ここでいいじゃないかと。それであの場所になったわけです。

*道内では、店主体のサバイバルゲームを行っているところはなかなか無いとのことで、普段は釧路や中標津などの遠方からも参加者が集まるそうです。こういったお店が偶然あり、監獄博物館もあったということを考えると、やはり網走はベストなロケ地だったのかもしれません)

撮影はどんな様子だったんでしょうか?

まずスケジュールがすごかったですね。二日間参加したんですが、最初の日は昼の12時集合で、終わったのが明け方の4時。次の日(一日目終了同日)はまた昼に集合して、日中はスチール撮影だけで、夕方からホテルに移動してセットでの撮影*が翌日の昼11時までかかりました。丸々一日ですよ。監督が足を怪我されたのもあって、とにかく待ち時間が多かったです。
思い出の写真集始めは緊張する暇もなくて、銃を次々渡されて、「ハイこれ撃ってください」「ハイ次これ」セリフも「もっと大きな声で!」とか、訳判らなくて、言われるままに動いていました。日が暮れて、コーヒー飲んで、少し落ち着いた頃にようやく周りが見えてきた感じです。
参加したメンバーの中で、なぜか僕だけセリフがついて役者扱いになっていました。他のメンバーは「エキストラ」です。役者にはちゃんと椅子と毛布とコートがあって、コーヒーも出るんですが、エキストラは焚き火だけです。違うもんだなぁと思いました。出番になると、スタッフが毛布を取りに来て、メイクさんがつくんです。なかなかこんな経験できませんよね‥
エキストラチームはまた別の緊張をしていたようです。ほふく前進をするシーンで、機械の故障やNGでなかなかOKが出なくて。十何テイクも撮り直して、仕舞いには周りの草地がまっ平らになったくらいですから。皆いまだにあれは忘れられないって言います。
僕のほうは、突然こういう戦闘シーンではどうやって人を動かせばいいだろうねえって聞かれたり。無線のセリフをアドリブでしゃべってくれって言われたり。セリフ自体は少ないんですが、無線部分は結局全部使われました。助監督には、素人にこんなに長々としゃべらせるなんてありえない、こんな使いかたしたのは初めてだって言われました。

*セット撮影の様子は、DVDの特典映像で見られます。栗田さんも登場しています)

出演されてどうでしたか?印象に残ったことは?

カメラに映らないたくさんのスタッフそれぞれのプロの仕事っていうものを見て、本当に感動しました。監督、カメラマンも有名な方ですし。同じシーンに出演した役者さんも、脇役とはいえ「おお、知ってる!」っていう方ばかりですからね。でも皆さん気さくに話してくれたり、一緒に写真撮ってくれたり、待ち時間にモデルガンで遊んだり、楽しかったです。だけど、今世間話していても、「本番です」って声がかかるとぱっと切り替えてセリフがすっとでてくるんです。見たところ皆さん台本一度も見てませんでした。すごいですよね。
それから、記録の人。前日のシーンを撮り直す時、昨日とタバコの持ち方が違うとか、ひげの濃さとか、ネックレスの位置とか、全部覚えていてチェックするんです。記憶力がすごい。進行係は飛行機や電車の通過時間をぴったり分かっているし、皆さん本当にプロなんです。仲間がホームビデオで撮影の様子を撮っていたんですが、メイキングの映像一つにしてもプロが撮ったのはやっぱり違いますね。全然違います。そういった人の中で撮影に参加できたっていうのは、これはもう一生の宝物ですね。

網走でのロケについてどう思いますか?

刑務所もおもしろかったですが、今度は恋愛物とか撮ってほしいですね。映画を見た後で、その場所に行って見たい、役者が立っていたあの場所に立って写真を撮りたい、と思わせるような作品を網走で撮ってもらいたいです。そういう美しい景観は網走にもたくさんありますから。

網走で好きな風景はありますか?

能取湖辺りの夕日能取岬能取から卯原内への坂道は、夕方日が沈んで空がオレンジ色になるころが良いんです。坂を下り始めると山の稜線から家々が急に現れて、オレンジ色と、黒い山と、左手に能取湖が見えて、その具合がすごく良くて、映画的な美しさを感じます。
それから能取岬の崖下の海は、白っぽい岩のせいで水の色がエメラルドグリーンをしていてきれいですよ。網走に観光で来たらぜひ見てほしいです。

【ウイーズ】

サバイバルゲーム関連用品や鍵、携帯電話等を扱うショップ。
網走市北2条西1丁目(網走橋北側)
TEL 0152-43-8833 FAX 0152-43-8839

 

このページのトップへ
(c)2004 ABASHIRI CITY. All Rights Reserved.