網走ロケーションガイド
ロケーションデータベース網走を知る網走とクリエイターたちオンエア情報
フィルムコミッションロケエピソードロケ地を訪ねるフィルムサポーター ホーム

絵画
網走の忘れられない風景をキャンバスに


松樹 路人

(まつき ろじん 1927〜)

現在の日本を代表する洋画家の一人。
少年期を佐呂間、留辺蘂、女満別などで過ごし、1940年に旧制網走中学校に入学。このとき、現在の網走市立郷土博物館に展示されていた居串佳一の「氷上漁業」に大きな影響を受けた。
翌年一家で上京、東京美術学校(現在の東京藝術大学)油画科に入学する。
卒業後は、旧制中学の先輩でもある居串も所属していた独立美術協会を中心に制作活動を続け、芸術選奨文部大臣賞など数々の賞を受賞している。

あらゆる視点から対象をとらえた作品は、独特の空間を構成している。構築的な画面構成の時代から、白を基調にした時代を経て、近年はモデルや身近な人物を描いた作品が多い。

母子像
母子像
キンキと八角
キンキと八角

【略歴】

1927年 留萌管内羽幌町に生まれる
1940年 東京美術学校(現在の東京藝術大学)油画科入学

 

 
   
2003年 札幌武蔵野美術学院 名誉学院長
武蔵野美術大学名誉教授・独立美術協会会員

 

このページのトップへ
(c)2004 ABASHIRI CITY. All Rights Reserved.