アドプト・プログラム天都山
花園紹介
里親紹介
写真コンテスト
はなてんと祭り
紹介記事
リンク
参加申込み
お問合せ
トップページへ

旅なび!網走

「はな・てんと」紹介記事

 はな・てんと写真コンクール
 最優秀賞に須貝あけみさん

 毎夏、網走市天都山にお目見えする市民花園「はな・てんと」をテーマにした写真コンテストの審査が終了し、入選作が決まった。応募作品92点の中から、最優秀賞には市内在住の須貝あけみさんの作品が選ばれた。11日の表彰式を経て、応募作の展示会をエコセンター2000で開く。網走市のホームページでも紹介しており、市観光課は「市民花園の存在が広く周知できれば」と話している。

 応募作品92点の中から入選作決定 11日に表彰式、エコセンで展示も
 市HPでも紹介「存在PRできれば」

 「はな・てんと」は夏季は未利用の網走レークビュースキー場頂上付近の約3.5f。苗植えや草取りなどは、市民ボランティアで担う。
 写真コンテストは市民からなる「はな・てんと」運営協議会の主催で、初めての企画。PR策の一環で、市内外の写真愛好者ら54人から応募があった。
 審査は11月22日に行われた。同協議会の三上好巳会長やプロのカメラマンら5人が審査員を務め、1次、2次審査を経て入賞作を決定した。
 同協議会事務局の同課は「被写体が『はな・てんと』に限定されているため、応募作品は似たような構図が多く、審査は苦労したようです」と振り返る。
 須貝さんの作品のタイトルは「eco-friendly」。満開時の花園と青空が印象的だ。優秀賞(2点)と佳作(3点)の作品も力作で、「はな・てんと」の魅力を収めている。
 表彰式は、11日に同センターで行われる。その後、応募作品の中から82点を16日まで展示し、市民の目を楽しませながら「はな・てんと」の存在をPRする。
 市のホームページで入選作を閲覧する場合は、主な検索エンジンで「網走市」を開き、「旅なび」のページに入る。問い合わせは同課(電話0152-44-6111内線243)へ。 (大)

 

戻る紹介記事トップに戻る