アドプト・プログラム天都山
花園紹介
里親紹介
写真コンテスト
はなてんと祭り
紹介記事
リンク
参加申込み
お問合せ
トップページへ

旅なび!網走

「はな・てんと」紹介記事

「はな・てんと」新PR作戦 写真コンテスト企画

 網走市天都山にある市民花園「フラワーガーデン『はな・てんと』」の新たなPR策として、運営協議会は写真コンテストを企画し、市観光課はチラシを作成した。写真コンテストは「はな・てんと」をテーマにした作品を市民から募り、チラシは観光展や市役所で配布している。同課は「網走の名所となりつつある花園の存在をさらに浸透させたい」と話している。
●市観光課はチラシを作成
 〜工夫凝らした市民の力作期待・新名所としてもっと浸透させたい〜
 「はな・てんと」は、夏季は未利用の網走レークビュースキー場頂上付近の敷地3.5fに造成。市は平成15年から「アドプトプログラム事業」として、苗植えや草取りなどの管理作業を市民に担ってもらっている。今年は過去最高の24団体・1個人が参加している。
 毎年、花園ではサルビアやマリーゴールドなど約10万株が咲き乱れる。旅行会社のパンフレットに掲載されるなど、網走の新たな名所として人気が高まっている。
 市内の事業所や市民団体などからなる運営協議会は、さらに多くの人に「はな・てんと」の存在を知ってもらおうと、写真コンテストを開くことを決めた。写真愛好者らに「はな・てんと」へ足を運んでもらうきっかけにしてもらうほか、市民の力作をPRに活用する考えだ。
 誰でも応募でき、最優秀賞(1点)には賞金2万円、優秀賞(2点)に1万円、佳作(3点)に5千円を用意。「はな・てんと」をテーマにした写真を8月1日から10月31日まで募集する。同協議会は「子どもやお孫さんなど人物を入れた、趣向を凝らした写真も待ってます」と期待する。11月下旬に入賞作を決める。
 市の作成したチラシA4判で、満開時の「はな・てんと」の写真のほか、開花時期や地図などを紹介している。昨年も作ったが、今年は紙質をよくするなど“バージョンアップ”した。同課は「道内外の観光展などで役立てるほか、市役所を訪れた人に配布し周知しています」と話している。(写真左下:市が作成したチラシ)
 写真コンテストなどについての問い合わせは同課(0152-44-6111内線303)へ。(大)

 

 

戻る紹介記事トップに戻る